ヘルペスウイルスにはバルトレックス

ヘルペスウイルスと聞くと、ヘルペスになるウイルスなんだなぁとは分かりますよね、でもこのヘルペスウイルスは水疱瘡や帯状疱疹の原因でもあるんです。それらを総合的に治療できるのがバルトレックスです。

ヘルペス発症時のテトラサイクリン系クラビットの処方

性行為が原因とされるヘルペスの治療では、バルトレックスが処方される事が頻繁にあります。バルトレックスは性行為が原因となり発症するヘルペスだけではなく、感染経路が異なる帯状疱疹などのケースにも処方され、処方される範囲の広い事が特徴です。
ヘルペスはその特殊な病原菌の増殖によって、身体的にも症状が悪化します。バルトレックスには抗菌作用を持つ成分が含まれるので、この病原菌の増殖を阻害し、症状を抑えるのが主な薬効です。
そして、バルトレックスとは異なる薬剤としてテトラサイクリン系の抗生物質も多く処方されています。このテトラサイクリン系のクラビットという薬剤は優れた特性を持つもので、このテトラサイクリン系の抗生物質の特徴として幾つかの特有の細菌や真菌といった細菌に対して優れた効果があるために、ヘルペスでも多くの方に処方される薬剤です。
クラビットは細菌の増殖を抑える薬ですが、その働きはヘルペスなどの感染症に有効である事が確認されています。ヘルペスは細菌が体に侵入し、多種多様な障害をもたらす病気です。そのため、視覚的に確認できる症状としては皮膚の腫れや炎症などがあり、症状が進行する事で化膿なども明らかになり、部分的な痛みや発熱なども伴います。
これらの体内で細菌が増殖する事による症状は、特定の病原菌の働きが原因です。そのため、この薬が有効な理由として、これらの細菌の増殖を効果的に制御して、感染症の重症化を防ぐ事が知られているのです。
そのため、バルトレックスやクラビットは性的な行為によるヘルペスなどの感染症には頻繁に用いられるもので、尿路感染症をはじめ、皮膚からの感染など、多種多様な感染症に広く処方されています。